2016年01月19日

パズる会2016・会場アクセス


パズる会2016 の会場であるリフレフォーラムは

〒136−0072 東京都江東区大島 7−37−11 

にある 「(主として)宿泊を伴う研修・会議を希望する団体向けの施設」 です。

詳細は、リフレフォーラムHP の「交通アクセス」 のページをご覧ください。



最寄り駅の都営新宿線・東大島(ひがしおおじま)駅

! 大島口下車 !



−−− リフレフォーラム −−−


− 外観・玄関 −

s_DSCF0042.jpg

s_DSCF0043.jpg

s_DSCF0044.jpg


− ラウンジ・談話室 −

s_DSCF0065.jpg

s_DSCF0051.jpg


− 研修・会議室 −

pict_a_room01_big.jpg

pict_a_room02_big.jpg

s_DSCF0068.jpg

s_DSCF0067.jpg


− 客室 −

s_DSCF0045.jpg

s_DSCF0048.jpg

s_DSCF0046.jpg

s_DSCF0050.jpg

s_DSCF0049.jpg


− 食堂 −

s_DSCF0052.jpg

s_DSCF0054.jpg

s_DSCF0055.jpg


− 浴室 −

s_DSCF0060.jpg

s_DSCF0061.jpg

s_DSCF0062.jpg

s_DSCF0059.jpg



(岩,MINE)


posted by パズル懇話会 at 08:41| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

パズル解き大会・問題募集終了


 昨年12月12日(土)から 「パズル解き大会の問題募集」 を行ってきました が、おかげさまで、投稿〆切の1月30日(土)を待たずに、予定していた数の問題が集まりましたので、本日をもちまして、


パズル解き大会・問題募集終了


とさせていただきます。ご投稿いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

 さて、今回もバリエーションに富んだ粒ぞろいのパズル問題が集まりました。

 今回は意地悪なヒッカケ問題はないかな、素直で人に優しい問題たち、でも決して易しくはない問題も含まれています。ですがもちろん、易しくはないと言っても、特殊・特別な予備知識がなければ取り組めないような問題は一つもありません。(そういう問題は担当者が「不採用」にしましたので)

 では、パズる会に参加し、パズル解き大会に参戦される皆様、どうぞお楽しみに!



posted by パズル懇話会 at 10:24| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

トークイベントそのD 松浦昭洋

 トークイベントのご紹介、第五弾です。


松浦 昭洋 (まつうら あきひろ)

 ジャグリングを中心としたパフォーマーであり、アルゴリズム,エンターテインメント・コンピューティングの研究者でもある。
 2001年ジャグリングの世界大会で、巨大な球体の内面を使ったオリジナル・ジャグリング「Sphere」を発表して、日本人初のファイナリストとなる。
 以後、様々な装置や作品を発表し、大道芸ワールドカップ in 静岡,ヘブンアーティストフェスティバル,国際舞台芸術祭,国際パズルパーティ(IPP),マーティン・ガードナー集会,ブリッジズ等、数々の国内外のフェスティバルや集会でパフォーマンスを披露したり講演を行っている。東京都認定ヘブンアーティスト。
 数学,物理学,情報科学等の概念を活かしたエンターテインメントの創出にも興味をもち、最近では、組立玩具「ひょうたんブロック」,デジタル絵本「ころがる!まほうのバトン」,筆算を音楽化するアプリ「筆算奏」を発表するなど、分野を超えて幅広く創作・研究活動を行っている。


AkihiroMatsuura.jpg


『数理を活かしたエンターテインメント』

 最近制作したパズル的要素のあるデジタルコンテンツ,玩具,パフォーマンス装置等を実演を交えて紹介します。鋭意準備中!


(高島,岩)

posted by パズル懇話会 at 12:21| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

トークイベントそのC 岩沢宏和

 トークイベント第四弾を発表します。


岩沢 宏和 (いわさわ ひろかず)

 パズル懇話会会員となって今年で30年になる。
 2000年以降、iwahiro(イワヒロ) の名前で「三角形アウト」「直角三角形アウト」「長方形アウト」「Mmmmパズル」など、多くの優れたパズルを発表し、国際パズルコンペでも、パズル・オブ・ザ・イヤー(2008,ODD Puzzle)やパズラーズ・アウォード(2012,Square in the Bag)などを受賞している。(受賞回数は 2005〜2015年 の間で4回)  International Puzzle Collectors Association 理事、アジア地区プレジデントでもある。
 また、保険数学の専門家で日本保険・年金リスク学会理事であり、専門の著訳書や著述がある他、素人向けの確率論をベースとした著書やパズル書の翻訳も何冊か手がけている。昨年発行開始された『マーティン・ガードナー数学ゲーム全集』の翻訳も担当しており、その全集の発行を記念した集会では、多数の参加者を惹きつけるトークを行った。



iwahiro.jpg


『マジカル数学パズル』

 パズる会2016では、『マジカル数学パズル』というテーマでトークすべく準備を進めてくれているとのこと。大いに期待してください。


(高島,岩)

posted by パズル懇話会 at 08:40| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

トークイベントそのB パズる会2016大喜利


 二日目の朝 9:00 からのトークイベント内で 大喜利 を行います。


freefont_logo_gnkillgothicukanana-b8073c.png


 余興の時間です。

 漢字やコトバをいじるパズルある種のコトバ遊びである 大喜利

との関係を検証します … などといいつつ、単に 大喜利 です。

 MC1名+答える人6名〜8名

 プロジェクターで提示されたお題に対する答えを出演者にどんどん披露してもらいます。

 例えば 「こんなクロスワードパズルは嫌だ」 という問いかけに対して、さあ、あなたならどう答える?


 パズる会2016参加者の中から 大喜利出演者を募集 します。

 出演を希望される方は、下記メールアドレスをクリックし、コーナー担当宛にご氏名をお知らせください。



コーナー担当: いわいまさか

(岩)

posted by パズル懇話会 at 10:30| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

トークイベントそのA 小田原充宏

 トークイベント第二弾発表です。
 二日目、3月21日(月・祝)の朝 9:00〜12:00 の中のヒトコマ。 
 以下、本人の熱い寄稿をもとにご紹介。


小田原 充宏 (おだわら みつひろ)

 小学5年でルービックキューブを初めて目にした瞬間、自分がパズル好きだと気付く。その日から1年以内にペントミノやラッキーパズルなどを手に入れた。将来、パズルを仕事にすることを決めたのはこの時期。高校3年でパズル好きの集まり、パズル懇話会があるのを知り、即、入会。2000年からは例会で毎回、必ず自作箱詰めパズルを紹介している(1回の欠席を除く)。


画像 215.jpg


「箱詰めパズルの種類とコツ」


 長年にわたる箱詰めパズルの研究の集大成を発表します。たくさんのアプローチから分類してまとめ、そこから、これとこれを組み合わせるとどうなるのだろう?という問題提起がたくさんできることになる。結果、それが、箱詰めパズルの創作につながります。形の種類はもちろんのこと、目的の種類、美しいピース構成についても言及します。ひらめきが必要なものについても重要なヒント(または解答)を話してしまいますので拙作の「PL−W」や「FNフォー」など、まだ遊んだことがない方は1日目の夜に遊んでみてください。


無題.png


(岩)

posted by パズル懇話会 at 07:45| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

パズルを持ち寄って遊ぼう

日時: 2016年3月20日(日) 20:0021:50

会場: A研修・会議室



 1日目の夜、「パズルを持ち寄って遊ぼう」というコーナーがあります。
 (下の写真は前回の同イベントの風景です。今回は会議室にて)

E9818AE381BCE3818604.jpg

 皆さんそれぞれのオススメのパズルを持ち寄ってみんなで楽しみましょう。
 私(与五沢)は 変わり種ルービックキューブ を持っていく予定です。

crazy3x3x3.jpg

 上の写真は前回持って行った crazy 3x3x3 ルービックキューブ です。各面を回転させて揃えるのですが、回転する面ごとに円形の内側のパーツが連動して回転したり回転しなかったりします。しかもこの組み合わせ違いが8種類もあります。当時はこのパズルが解けずに、解き方について友人とあれこれ議論していたのですが、その甲斐あって今ではすべて解けるようになりました! 円形の内側と外側を分けて揃えるのがポイントですね。

 また、未発表の自作パズルを披露してくれる人がいるなら、これはもう 大々々歓迎 です。トライしてくれた人のナマの感想を聴くことができるよいチャンスでもあります。
 パズル的なゲームを遊んでみんなで盛り上がるというのも「有り」ですよ。
 楽しい時間をともに過ごしましょう!

 今までは知らなかった魅力的なパズルにも、きっと出合えると思いますよ。


(与五沢)

posted by パズル懇話会 at 07:00| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

トークイベントその@ 三好潤一

 トークイベントは二日目、3月21日(月・祝)の朝 9:00 から行われます。
 全部で5コマ程度を予定していますが、そのうちの第一弾を発表します。

三好 潤一 (みよし じゅんいち)

 自称「模様を愛する総務のおじさん」。パズル懇話会、日本折紙学会の会員。
 日曜数学会や数学カフェに出没。日本科学未来館で開催されたサイエンスアゴラでは 日曜数学100連発 に登壇し 「幾何学模様の不思議な世界」 と題して発表。数学属性の人。


miyoshi.jpg


「幾何学模様で遊んでみよう」

 パズる会2016のトークイベント内では 「描く」「飾る」「喋る」「パズる」 とキーワードをかえつつ、幾何学模様での遊び・応用をスライドやムービーで紹介していく。


a0180787_14022904.gif


(岩)

posted by パズル懇話会 at 12:00| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

パズル懇話会・例会風景紹介

日時: 2016年3月20日(日) 14:0015:00

会場: A研修・会議室


※ 上に 「会場: A研修・会議室」 と書きましたが、パズる会イベントはすべて同じA研修・会議室で行われます。

 1日目、開会あいさつと自己紹介が終わった後、 「パズル懇話会・例会風景紹介」 があります。
 内容はパズル懇話会という団体が毎月行っている例会のショート版といったもので 「会員以外の方に例会の雰囲気をプチ体験してもらおう」 と、それを目的としています。
 時間の都合で普段とは異なり発表者はあらかじめ決めさせてもらいますが、一例として 私 (与五沢) の発表内容 (こちらも例ですが) を以下に書いてみます。

rubik-1.jpg

 上の画像は最近発売された新作の mf8 Radiolarian (正二十面体のルービックキューブ) です。 (この商品にはルービックさんは関わっていませんし、キューブでもないのですが、分かりやすさ優先で、以下でも「ルービックキューブ」と呼称することにします)
 他の2つの正二十面体のもの mf8 Eitan's Star, mf8 Oskar's Icosaix と同じく各面が回ります。
 最近まで正多面体のなかで唯一見かけなかった正二十面体のルービックキューブが 「もうすでに3種類ある」 ことは個人 (与五沢) 的には嬉しい限りです。

 さて、私は 300種類 近くルービックキューブを持っており、一部の人に「コレクターだ」と言われていますが、私のスタンスとしては「異なる構造のルービックキューブをパズルとして解く」のが楽しみで購入しているのです。
 ですから当然、この mf8 Radiolarian も 単に鑑賞するだけでなくバラバラに混ぜてから元通りに揃えます。つまりは解き方を考えるわけですが、今回は、他の2つのものも含めて、大して考えるまでもなく解き方は分かりました。理由は、下の写真のルービックキューブがすでに解けていたためです。

rubik-2.jpg

 これは mf8 Flower Dodecahedron という正十二面体のルービックキューブです。
 一見 両者には共通点がないように見えますが、mf8 Flower Dodecahedron は頂点を中心に回転するルービックキューブであり、トポロジー的には mf8 Radiolarian と非常に近い関係にあるため、ルービックキューブとしてもほぼ同じ解き方でほとんどのパーツが揃うのです。

 「正十二面体と正二十面体が双対多面体の関係にある」というのがポイントですね。

 とまあ、このように、パズル懇話会の例会では、会員それぞれが毎月、自作パズルや入手したパズルの紹介,研究した事柄などなど、新しい話題を持ち寄って発表 (発表することがないときは聞き役に徹していればよい) しているというわけです。

 今日の記事はここまで。ではまた。

※ 双対多面体 = 頂点を面に,面を頂点に置き換えることでトポロジー的に同一となる多面体

(与五沢)

posted by パズル懇話会 at 09:00| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

パズル解き大会・問題募集

 パズル解き大会に自作問題の出題を希望される方は、下をクリックし、メールにて 問題案(およびその解答)をお送りください。



[問題投稿にあたっての留意事項]

◇問題数は、早解き問題12問程度,じっくり問題6問程度と考えています。

◇問題投稿できるのは原則として パズる会2016 にご参加いただける方のみです。
 (パズル懇話会会員の場合、例外的なケースあり)

◇問題投稿の前に、下の「問題要件」をみたす出題となるかどうかを確認してください。

パズル解き大会・問題要件.jpg

(画像をクリックすると画面が切りかわり、拡大表示されます)


◇問題案(およびその解答)を、問題タイトルをファイル名とするワード文書(拡張子doc)に、また必要な図がある場合はそれも文書内に収めます。その文書をメールに添付してお送りください。

◇複数の問題を投稿される場合は、問題毎に文書を分けて作成するとともに、メールも分けてお送りください。

◇メール件名は、問題に応じて「パズル解き大会2016・早解き問題投稿 by (氏名)」または「パズル解き大会2016・じっくり問題投稿 by (氏名)」としてください。

◇メール本文に氏名・住所・連絡先電話番号(念のため。自宅固定電話または携帯電話)を記載してください。

◇投稿された問題がそのまますべて採用されるとはかぎりません。手直しの相談をさせていただいて採用となる場合や、「要件をみたしていない」などの理由から遺憾ながらボツとさせていただく場合もありますことをご了解ください。

投稿〆切は 2016年1月30日(土) としますが、それよりも前に予定問題数に達する可能性が多分にあります。その場合には〆切を早めさせていただきますことをご了承ください。

 では、どうぞよろしくお願いいたします。

 
[追記] 1月18日(月)、問題募集を終了させていただきました。
  



posted by パズル懇話会 at 12:12| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする