2016年01月12日

トークイベントそのD 松浦昭洋

 トークイベントのご紹介、第五弾です。


松浦 昭洋 (まつうら あきひろ)

 ジャグリングを中心としたパフォーマーであり、アルゴリズム,エンターテインメント・コンピューティングの研究者でもある。
 2001年ジャグリングの世界大会で、巨大な球体の内面を使ったオリジナル・ジャグリング「Sphere」を発表して、日本人初のファイナリストとなる。
 以後、様々な装置や作品を発表し、大道芸ワールドカップ in 静岡,ヘブンアーティストフェスティバル,国際舞台芸術祭,国際パズルパーティ(IPP),マーティン・ガードナー集会,ブリッジズ等、数々の国内外のフェスティバルや集会でパフォーマンスを披露したり講演を行っている。東京都認定ヘブンアーティスト。
 数学,物理学,情報科学等の概念を活かしたエンターテインメントの創出にも興味をもち、最近では、組立玩具「ひょうたんブロック」,デジタル絵本「ころがる!まほうのバトン」,筆算を音楽化するアプリ「筆算奏」を発表するなど、分野を超えて幅広く創作・研究活動を行っている。


AkihiroMatsuura.jpg


『数理を活かしたエンターテインメント』

 最近制作したパズル的要素のあるデジタルコンテンツ,玩具,パフォーマンス装置等を実演を交えて紹介します。鋭意準備中!


(高島,岩)

posted by パズル懇話会 at 12:21| パズる会2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする